worls

本日ハワイに到着。先ほど真珠湾上空レポートを終了❗乞うご期待‼ ホンモノのトラトラトラを体験してきましたぞ\(^o^)/

現在大好評で多くの方々にお読みいただいているようです!ありがとうございます。  とにかく一人でも多くの日本国民に、われらの先人が祖国を守るためにいかに勇敢に戦ったかを知っていただきたい。そして敬っていただきたい。我々の先輩達は立派であり、誰一人として侵略戦争など戦っておりません。われらの先人は、自存自衛のためアジア解放のために死力を尽くして戦ってくれたのです!  小生はこれからもこのことを語り継いでゆきます!どうぞ皆さん引き続きご声援いただけますようよろしくお願いいたします。

大阪で講演会がありました(^o^) ・・・実はこの講演会一般公開しているものとはつゆ知らず、告知が遅れましたことをお詫び申し上げます。この記事は、昨日6月11日の産経新聞(大阪版)に掲載されたものです。

『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ 23:00-23:30) に出演します!どうぞ御笑覧くださいませ! 小生は再びロケ出動「全力脱力員が行く!」のコーナーに登場します! 脱力TOPICS
→番組HP

今日は、晴れの「海軍記念日」!日本海海戦110周年記念日でした。 我が武勲艦・戦艦「三笠」では、海幕長・米第7艦隊司令・英国駐在武官の臨席のもと、日本海海戦記念式典が執り行われました。やっぱり英国駐在武官の臨席とそのスピーチは、我が理想とする「第二次日英同盟」を予見するものあり!いいいね~戦勝記念式典は、晴れやかな気分になる!!  ところで、なんだか韓国のメディアが取材に来ていたけど、今度は何を言い出すのやら・・・もう彼らにはうんざりだわ。ひょっとすると、やっこさんは「日本海海戦の勝利は韓国の勝利だった」「戦艦三笠は韓国で建造した」とかとんでもないいつもの”寝言”を言い出しかねないからな(笑)  もう韓国が何を言っても無視でよろしい。とにかく今日は素晴らしい「海軍記念日」でした!

今日の晴れやかな「海軍記念日」に新著『撃墜王は生きている!』(小学館)が発売されました!これまた最高の気分です\(^o^)/どうぞ我らが先人の偉業を知ってください。そして敬ってください!
さぁ我らが”英雄”の肉声に感涙を流してください!
新著紹介 『撃墜王は生きている!』(小学館) 5月27日発売決定
<目次> 【序 章】 日本にも戦争英雄がいた
【第一章】 B29に二度体当たりして生還した「帝都防空戦のイケメンスター」
      ☆ 陸軍軍曹 板垣政雄
【第二章】 一撃必殺で次々敵機を撃ち墜としていった「空の狩人」
      ☆ 陸軍大尉 生野文介
【第三章】 戦後の自衛隊のトップに立った「防空の達人」
      ☆ 陸軍大尉 竹田五郎
【第四章】 二人のスーパーエースの列機を務めた「空戦の職人」
      ☆ 海軍上等飛行兵曹 笠井智一
【第五章】 緒戦から本土防空戦を戦い抜いた「空戦の人間国宝」
      ☆ 海軍少尉 本田稔
【最終章】 航空自衛隊を作ったのは日本軍のパイロットだった

靖國神社で第6回「大東亜戦争を語り継ぐ会」を実施しました。今回のゲストは、元満州国軍官学校生徒・和田昭さんです。”幻の満州国”について語っていただきます。  なお、この記事は、先月4月19日の産経新聞に掲載されたものですが、おかげさまでこのイベントは大盛況となっております。

持つべきものは友!今日は、メッセンジャー黒田有氏と74式戦車に搭乗!最高の一日でした! @陸上自衛隊今津駐屯地

今日5月18日(月)朝07:00-08:30 『モーニングCROSS』(TOKYO MX)に出演しました。今回は「オスプレイ」について語りました! ▽自衛隊にも導入か…賛否を呼ぶ“オスプレイ”に乗った経験を持つ軍事漫談家が、オスプレイは果たして安全なのか否かスタジオで大激論!▽大好評「元祖みんなのニュース」では大手メディアが伝えないニュースをハッシュタグ「‪#‎クロス‬」で大募集…番組では本気でそのニュースと向かい合います▽ツイッターや2chで拡散中(検索ではなく拡散)のニュースワードを調査! 果たして本当に視聴者が知りたいニュースとは?
【MC】堀潤 【アシスタント】脊山麻理子 【キャスター】黒田治  【コメンテーター】高橋浩祐(ハフィントンポスト日本版編集長),三輪記子(京都在住の弁護士),井上和彦(軍事漫談家)
【お知らせ】 ■番組では視聴者のニュースに対する意見をオンエア中にツイッターで募集・随時紹介します。ハッシュタグ「#クロス」をつけてつぶやいて下さい! ■番組HP http://s.mxtv.jp/morning_cross/ または、FAXで03(5213)1896 からもご意見募集中。

本日14:00から富山の黒部市市民会館で講演です。お近くの方はどうぞお越しくださいませ\(^o^)/

『歴史街道』(PHP)6月号に、小生の連載「大東亜戦争写真紀行」第14回「親日国家パラオの『もう一つの激戦地』ーアンガウル」が掲載されております。どうぞご一読くださいませ。

『正論』6月号(産経新聞社)に、大東亜戦争を語り継ぐ会におけるペリリュー島の英雄・土田喜代一氏の講演記事「ペリリュー島の激闘、そして生還」が掲載されましたので、ご一読くださいませ。

本日5月2日 25:00-(深夜1時)から『女は悩まない 女の世直しニュース女子』(スカパー!ch547/シアターネットTV)に出演します!どうぞご覧ください! 沖縄基地問題をガンガン斬りました。それにしても友近さんはなかなかいいね!

御視聴ありがとうございました! いま注目の討論番組『激論!コロシアム』は、これからもタブーに斬り込んでゆきます!今後ともご声援のほどどうぞよろしお願いいたします。・・・さぁて、次回はどんなバトルが展開されるか請うご期待!!

『激論!コロシアム』の続きはこちらでどうぞ!どうぞお越しくださいませ!!
【告知】2月21日(土) 京都・佐藤正久「新春の集い」 石平氏、井上和彦氏をお迎えし、「テレビでは言えない情報戦の舞台裏」と題して過激な内緒話をします。参加者限定の秘密会ですので、内容はWEBでは公開いたしません。 トークショーの後は着席での「お食事」をご用意しています。 時刻:17:00〜トークショー、18:30〜食事会 会場:ANAクラウンプラザホテル京都 平安の間 会費:1万円(食事代込み) ※事前予約制(食事の準備がありますので事前予約をお願いいたします) 問合先:佐藤正久国会事務所 TEL:03-6550-0705、FAX:03-6551-0705

大阪でこんなイベントに参加します。どうぞお越しくださいませ!

皆様ありがとうございます! 本日の産経新聞で拙著『パラオがなぜ「世界一の親日国」なのか』(PHP)が紹介されました。一人でも多くの方に親日国パラオのことを知っていただき、そしてパラオの歴史を通して自虐史観を払拭できればと考えております。さきの天皇皇后両陛下の行幸啓を契機に一大ブームが巻き起こっている親日国家パラオを知り、そしてパラオに足を運んでください。さぁみなさん、反日国家・韓国への修学旅行が親日国家パラオまたは超親日国家・台湾に変更されるよう戦いましょう!!

『月刊正論』(産経新聞社)5月号に「大東亜戦争の真髄 シンガポール攻略戦」(下)が掲載されました。どうぞご覧くださいませ。

『歴史街道』(PHP)5月号に、小生の連載「大東亜戦争写真紀行」第13回「サクラ・サクラが人々に語り継がれる島ーペリリュー」が掲載されております。どうぞご一読くださいませ。

新春発売の月刊『正論』2月号(産経新聞社)に、今年話題となるパラオ共和国のルポルタージュ「大東亜戦争の偉大な遺産 親日国家・パラオに忍び寄る影」が掲載されております。どうぞ御笑覧くださいませ!

皆様、新年あけましておめでとうございます。  大東亜戦争終戦70周年を迎えた本日平成27年元旦、”必勝”を期して靖國神社に昇殿参拝してまいりました。  さぁこれからだ!安倍晋三総理の見事な戦略外交に呼応して、我れも御英霊の名誉回復と日本を蝕み続ける自虐史観払拭のための聖戦に挑む所存です!さぁ今日からエンジン全開で敵陣の真っただ中に突っ込むぞ!  小生は、今年もまた日本国および日本国民のために吠えまくりますので、どうぞ皆さん、引き続きご声援ならびにご支援いただけますよう何卒よろしくお願いいたします!

朝からバトル‼ 朝パラからアドレナリン大噴出‼ また観てね(^.^)

井上和彦監修本『自衛隊おでかけぴあ2015-2016』(びあMOOK)が発売されました!どうぞ今年の自衛隊ぴあを片手に自衛隊のイベントにどんどんとお出かけくださいませ!

本日、熊本にあるペリリュー島守備隊長 中川洲男大佐の墓前に、拙著の刊行を報告してまいりました。 そして中川大佐に心より感謝の誠を捧げ、あとに続く決意を申告してまいりました。身が引き締まる思いです。

拙著『なぜパラオが「世界一の親日国家」なのか』~天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵~(PHP)に対して連日数多くのご高評をいただき、心より感謝申し上げます。この場を借りて厚く御礼申し上げます。  天皇皇后両陛下が来月8-9日にパラオを御行幸啓されますが、一人でも多くの国民に、親日国家パラオの真実を知っていただき、そして感動していただければ著者としてこれにすぐる喜びはありません。本当にありがとうございます。これからも中国・韓国が仕掛ける”歴史戦”に勝利するために筆を振るい続けます。どうぞ皆様引き続きご声援のほどよろしくお願い申し上げます!

たくさんのメッセージをありがとうございます!この場を借りて皆様に厚く御礼申し上げます。ご指摘の通り、日本テレビで流れている土田2等兵曹殿と米海兵隊員の握手のシーンは、去る9月15日にペリリュー島で行われた日米合同記念式典の模様で、拙著『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか』(PHP)の冒頭の写真と同じです。いかに日本軍人が勇敢に戦い、そして地元パラオの人々がそのことを賞賛してくれているかがよくおわかりいただけると思いますので是非ともご一読くださいませ。

a>

親日国家・台湾!! 八田與一技師の記念パークで復元された八田宅の前で22歳の台湾人女子大生・呂さんが着物姿で登場‼突撃インタビューを敢行。 「日本は好きですか?」 「はい、もちろん‼︎」 やっぱり台湾サイコー\(^o^)/ 加油 台湾‼️

中国国境から2300メートルの国境の島「金門島」にやって来ました‼対岸に悪の帝国が見える

3月21日(土) 靖國神社遊就館にて、ペリリュー戦の英雄・土田喜代一元海軍上等水兵殿をお迎えして「大東亜戦争を語り継ぐ会」を開催します。どうぞご応募いただき、祖国のために精魂込めて戦われた英雄の話に耳を傾けてくださいませ!

平成27年3月11日 あの東日本大震災から4年目の今日、尊敬する大俳優・石坂浩二さんと対談しました。石坂浩二さんは噂どおりの素晴らしい方でした。これまで石坂浩二さんといえば、映画やテレビドラマで様々な役を演じてこられましたが、小生は、なんといっても『ビルマの竪琴』の井上隊長を思い出さずにはいられません。  本日3月11日、4年前の地震と大津波によって亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈りするとともに、今日改めて大東亜戦争後も外地に留まってアジア解放のためにその尊い命を捧げられた幾多の御英霊に心より哀悼の誠を捧げます。

『歴史街道』(PHP)4月号に、小生の連載「大東亜戦争写真紀行」第12回「米戦艦を撃破!守備隊と義勇兵の敢闘ーテニアン」が掲載されております。どうぞご一読くださいませ。

『月刊正論』(産経新聞社)4月号の特集「アジアは忘れない戦後70年の大東亜戦争肯定論」で小生は「大東亜戦争の真髄 シンガポール攻略戦」を執筆しました。どうぞご覧くださいませ。

【新著紹介】 『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか』~天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵~(PHP研究所)    ついに完成しました!来る4月8日から天皇皇后両陛下が御行幸啓されるパラオ共和国の全容がこの一冊で明らかになります。どうぞご一読くださいませ。
 

21:00-10:30『芸能番リターンズ』(ニコ生)に出演します。どうぞ御笑覧くださいませ! ⇒ 番組URL

今週28日(土) 『激論!コロシアム』(テレビ愛知 19:54ー20:54)を乞うご期待! 本日2月22日 竹島の日の白熱レポータをお届けします\(^o^)/ 井上和彦@島根県松江市

守りたい国がある ホンモノの政治家 佐藤正久議員と共に、内憂外患からこの国を守ります‼
>